女子学生

それぞれに合った高校選び

義務教育終了後、様々な理由で全日制の高校に通うのが難しい方、難しかった方がいます。そういった方にとって通信制高校は強い味方です。東京にある数十の通信制高校の費用相場は公立で3年間10万円、私立で1年30〜100以下ぐらいで働きながら通うことが可能です。自主性を持ち学ぶ人からの評判は良いです。

詳しく見る

教材

中学進学の基礎知識

学習指導と進路選びのサポートが充実しているのが、生徒と保護者に人気のある、センター南の中学受験塾の特徴です。カリキュラムを自由に選べるのが個別指導教室の魅力であり、大手の進学塾に通うと、受験に必要なノウハウも身に着けられるでしょう。

詳しく見る

勉強

大学進学を見据える

私立大学の学費は国公立大学以上であり、年間100万以上といわれています。いざその時に焦らないように事前からの準備が必要です。今は学資保険にも多くの種類があり、お得なものもあります。妊娠中から学資保険を検討される方も増えています。

詳しく見る

男の子と女の子

自宅で高校の勉強を

通信制高校は、基本的には自宅で学習をすれば高卒の資格がとれる教育施設ですが、年に何回かは通学をしなければいけません。そのため、東京に住んでいるのなら、通信制高校だとしても、東京にある学校を選ぶことを強くおすすめします。

詳しく見る

男子生徒

個別指導教室の活用法

幅広い学年が学習できることや、補習や受験などの目的別に指導を受けられる点が、センター南の個別指導塾の魅力です。中学生に人気があるのは、内申点アップにも役立つ主要科目のコースであり、中学受験向けのコースや内部進学向けのプランも好評です。

詳しく見る

学部によって大きく違う

男子生徒

文系理系と学校

教育を受けるには一定の教育費用が必要です。小学校と中学校を公立で過ごすとき、一応学費は無料になっています。入学金や授業料などは必要ありません。しかし、高校からは公立でも私立でも必要になります。もちろん大学でも必要になります。気になるのは私立大学に進学した時にどれくらい学費がかかるかでしょう。国公立は国立と公立で多少差はあるものの基本部分は同じです。1年間にかかる費用は文系や理系に関わらずどこでも同じになっています。私立大学においては、まず文系と理系で大きく異なります。一般的には理系で高くなるとされ、理系の中でも医療系の学部が特に高くなります。医学部となると、6年間で数千万円は必要とされています。薬学部でも1千万円以上はかかるため、他の学部に進学させるよりも多くの学費を用意しておく必要があるでしょう。一般的な理工学部と文系となると医療系ほどの差はありません。1年あたりで数十万円ほどの差で、4年だと100万円ぐらいの差になります。私立大学に進学させるときの学費で知っておきたいのは、大学ごとに異なる点でしょう。同じ経済学部でも、高いところもあれば安く行けるところもあります。学べる内容が異なるので当たり前ですが、できればよい環境で安く学べるところの方がいいでしょう。偏差値の高い大学は比較的安く行けるところが多いです。一方で最近設立された私立大学などは高めに設定されているところがあります。教育内容に見合った費用を設定しているところを選ぶと良いでしょう。また、医学部に進みたいと思った場合、医学部予備校にかかる費用面なども事前に確認しておくことをおすすめします。大学などの学費だけでなくトータルでかかる料金を事前に確認しておくことで慌てずに済むと言えます。予備校の場合、コースによっても違ってくるので予め把握しておくと良いでしょう。